成年後見について


成年後見制度は、判断能力が不十分な方をサポートする仕組みで、成年後見人は(1)財産管理と(2)身上監護の2種類の業務を通じて、支援にあたります。

 

成年後見を行う専門職として、一般的に、司法書士は法律サービスの専門家として「財産管理」に強く、 社会福祉士は福祉の専門家として「身上監護」に強いといわれることがあります。

弊所の強みは、「社会福祉士」と「司法書士」の双方の強みを生かして、質の高いサービスを提供できることにあります。

  

成年後見についてお悩みの方、まずはお気軽にご相談ください。